2006沖縄旅行記

参加者20人
二年 8人
一年 12人

執筆者 則武

まず初日。
朝、羽田空港に颯爽とバスに乗って登場。
なぜか集合時間より1時間15分早いという気合の入った到着ぶり。
まだ時間までしばらく空港の中を散歩。
適当にお店とか見て回った後、屋上の展望台で飛行機が離陸していくところをすげーなーと思いながらずっと見ていました。
鉄の塊みたいな飛行機がすーっと空中に浮かんでいくところとか、感動です。
お腹が空いたので、集合場所の前の喫茶店でソフトクリームを食べようとしていたらケーフリの方々数人に発見される。
しかもちょうどソフトクリームにかぶりつくところだった。
集合場所の前を選んだ自分もミスったけれど、まさかちょうどクリームにかぶりつくタイミングで見つかるとは思わなかった。
はずかった。
でもお前らなかなかやるな。
その後徐々にみんな集まってきて、ちょっとだけ懐かしい顔ぶれと久々の歓談。
「日焼けしたね!」とまず言われた。
うん、確かに焼けたよ。しかも試合じゃなくて負け審でね。
やがて飛行機に乗る時間が近づいて、俺たちはいかに金属探知機のゲートで鳴るかを競い合った。
麦わら帽子をかぶってきた先輩が「財布もベルトも出したのに、この帽子で鳴ったらびっくりだよねぇ」みたいなことを言っていて、
そしてホントに探知機に引っ掛かっていた時は爆笑だった。
この瞬間今回の沖縄旅行がマジ期待できた。
飛行機からは雲とか、下界の海とかいろんなものが見えてきれいだった。
隣の席のケーフリの人とも予想外に話が弾んで予想外です。
那覇空港に着いたらレンタカーでホテルまで向かった。
ちなみに俺にとっては初沖縄(^^)v
車窓から見た那覇の町は建物の外装とか東京に比べるとちょっと古めだったかな。
当日曇りだったからかな?
まあ南国沖縄と言えどもそこまで常夏の楽園ベイベーな雰囲気はなくて、日本の一地方都市といった印象だった。
ホテルまでの途中A&Wという沖縄のハンバーガーチェーンに立ち寄った。
ただし道を間違えて途中同じルートを二週して到着した。
そして急な坂をアクセル踏んでいなかったせいか落ちかけた。
さらに帰り際車のサイドブレーキがなかなか倒れないとかあったよね。
車と格闘してた先輩方お疲れ様です。
不思議な飲み物とかあったけど、A&Wにはまた行きたいかも。
ホテルは海沿いのリゾートマンション。ここまで来るまで長かった。
その後の買出しでは、みんながお茶とか買ってる中で一人だけ空気読まずにコーラとか買ってたw
そしてホテルに戻ってからケーフリみんなでの自己紹介で、既にこっちのサークルではキャラが確定しつつあることを実感。
で、適当に飲みつつ何を話してたか覚えてないけど就寝。
うわ一日目だけでこんなに書けたぞ。

続いて二日目。
朝7:30というちょっと早い朝食。てか昨日絶対ほとんど寝てない人がいるぞ。
大丈夫なのかお前ら。
朝食では納豆とかみそ汁とかパンとかの他に、沖縄料理っぽいのもあってフーチャンプル(後で知ったのだが)が美味しかった。
他にも朝食を食べたレストランに有名人がいっぱい来ていたらしく、
スキマスイッチとか小池栄子のサインが飾ってあった。
二日目は船で島に移動して泳ぐ予定だったらしく、行き先変更になりつつもちっちゃい港に到着。
ただ俺は途中水泳ゴーグルがぶっ壊れていることに気付いて慌てて道中のスポーツ用品店に買いに行った。
あと沖縄流のジャスミン茶、さんぴん茶を初めて飲んだのもここ。
あんまり飲みすぎて後でものすごくトイレに行きたくなったんだけど。
海中道路、良かったな。
そしてボートに乗って目的地の島に向かった。もちろん日焼け止め塗りまくりで。
なんかボートの床に座っていると、海の上をそのまま滑っている感じで良かった。
あと沖縄の海は底が見えるくらい透明です。
ひざまで浸かった海の水はなんか冷たく、荷物を海岸に置いたらそのまま泳ぐことに。
しばらく沖に向かって進んで行ったら岩場に魚がいっぱいいた。
青いやつとか、もうちょっと大きいのとか。ヒトデとかナマコとか。
自然の中であれだけ海の生き物を見たのは始めてかも。
あと途中で雨が何度も降ってきて、まあ水着だったから濡れても良かったんだけど。
ちなみに海にいた方が暖かかった。雷も落ちてて、正直俺らは狙われてたw
後はバナナボート乗ってみんな転落したりシュノーケルのゴーグル使ってぷかぷか浮いてたり、楽しかった。
帰りは大雨でかなり危なかったね。
夕飯は複数のグループに分かれて行動することに。
俺は普通に沖縄料理を食べに行きました。ちなみにるるぶ掲載店だったらしい。
頼んだゴーヤーチャンプル、ゴーヤーの苦味がご飯によく合うなと思ったんだけどむしろ量が多くて残しかけました。
ゴーヤー、正直苦かったです。みんなの前でやたら強がっていて申し訳ない。
…デザートがてら「ブルーシール」っていうアイスクリーム屋に行った。
いや、むしろ初日にも三日目にも行ったんだけどね。常夏美味。以上。
あとは飲んだり洗濯行ったり、適当なことやってたっけな〜。

時は流れて三日目。
とこの辺から日記が長すぎる気がしてきたのでやや簡潔気味にいこうか。
朝いつものレストランで朝食を食べてフルーツ園に移動。
フルーツの木、実、鳥、蝶を見た。
後はヤギにえさをやったり。すごい勢いで食べてた。
御土産屋さんでパイナップルとか黒糖とか試食したり、ここも有名人が結構来てるみたいだね。
一行は美ら海水族館に移動。ジンベイザメがイメージキャラクターを務めているようだ。
昨日の海で見たような魚とか、深海の生物とか、サメとか、いました。
ジンベイザメってワイルド過ぎ。
後は展示されているサメの歯(凶暴なやつとか)に触りました。
昼はソーキそばをみんなで食べた。
ソーキそばって、要はうどんに豚の角煮が具で乗っかってる、あれね。
てかソーキそばってパソコンで打っても一発で変換されないのが悲しい。
でも安いし、これだけでかなりお腹いっぱいになれます(^o^)丿
中山城の遺跡に移動。
で、でかい。
なんかしっくいも塗ってないのに石垣造りの城がずーっとそのままの状態で保存されてきているなんてある意味驚きだよ。
中に入るとなんか猫が多かった。
蝶が蜜を吸ってるところも見れた。
そういう風景が、沖縄の古城跡って思っていいんじゃない。
夕食の場所に行く途中、喫茶店に寄る。
ももを期待してやまももジュースを頼んだらすごいプレーンに近い味だった。
無難にウルトラオレンジジュースを頼んでおくべきだったと思った。
先輩が少しくれた黒蜜ぜんざいが旨い。
夕食はお気に入りのフーチャンプルを頼んで、二度旨かった。
ブルーシール行った後、飲み会するとかでみんなで集まった。
コール振りまくってやろうとか思ったけど、そういう空気じゃなかったので断念した。
あとは9月生まれの人のために、ブルーシールでこっそり買っておいたアイスクリームケーキが登場したり。
サプライズ。
お前らやっぱいいやつだな。来月は俺の分もよろしく頼むな。
そのあと先輩方による一発ゲイ大会が行なわれました。
違う、一発芸大会が行なわれました。
とっきーさんの小梅太夫面白かったらしいけど、洗濯に行ってて見てな
かったyo。かみたくさんと語りつつ寝るとかで就寝。

遂にやって来た最終日。
余った酒をどう処理するかで悩みながら迎えた朝。
ここら辺から沖縄にはやたら米軍の施設が多い気がしてくる。
「Torii Station」とか完全日本なめてる。
あとやっぱり沖縄の若干南国チックな雰囲気が好きになってくる。
最初に行った首里城にて、偶然写真を撮ってもらった関西のゼミ合宿集団と一緒に団体割引で入る。
で正殿を見て、おおおみたいな。
だめだ完全バカっぽくなってるなこの日記。
急遽王泉洞という洞窟に行くことが決まり、北殿をパスして洞窟へ。
最初北殿をパスすることに疑問すら抱いていたが、全長850メートル、所要時間3、40分というワイルドな洞窟に満足。
あれで天然の産物だったらもっとすごかったんだけどね。
洞窟の後は、やしの実のジュース、さとうきび、ドラゴンフルーツなど頂きました。
へーこんな味してるんだ、ってみんなで言いながら。
最後の目的地、国際通りに移動。
米軍基地に近くなるほどステーキの肉の量が多くなるという噂の通り。
軽くおみやげ買った後、俺は一人米軍関係の品物を扱う(たぶん中古)店に入った。
パイロットのヘルメット、空軍用のジャンパー、
そしてそれよりも驚きだったのは、米軍の食器セット(金属製の皿、飯ごう、水筒)が、
自分がカブスカウト(ボーイスカウトの弟分)で使っていたものと酷似していたことだ。
そっかー軍隊仕様だったんだアレ。
あとははさみと爪切りが一緒になっているアイテムを見たり。
なかなか楽しい思いをして帰っていきました。
でもあんまり単独行動をしすぎたためサークルの中で迷子扱いされていたようです。
ご心配をお掛けしましたm(_ _)m
まだまだ有り余るエネルギーを残しつつ、那覇空港に夜到着。
ここでとっきーさんの母校の先生のネタが大流行。
なんでも少林寺拳法部の顧問らしく、話を聞いただけでもキャラが濃すぎる。
まぁなぁ。
帰りの飛行機の中でもみんなが元気に活動しているかどうかは…
半分イエスで半分ノー。
てな感じで羽田着後解散。
最後に印象に残っているのは、東京モノレールって快速に乗ると意外と早いんだね、ってことだ。

全体的には、楽しすぎました!
来年は忙しくなりそうなので参加できるか分からないけど、
またいつかみんなで行こうぜ沖縄。





SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO